にきび跡とお別れするために|コンプレックスを解消させよう!

ウーマン

病気のサイン

眼

目のクマに対して、「単なる寝不足によるもの」と考えている人は少なくありません。確かに寝不足によって目にクマができることもあります。しかし目のクマはそれ以外の理由でも発生するのです。目のクマにもいろいろな種類があります。例えば、20代30代の人によく現れる「青クマ」と呼ばれるクマがあります。青クマの原因とされているのは、すばり「血行不良」です。血行不良を起こすと、黒ずんだ血液がまぶたの皮膚を通して外目から青っぽく透けて見えるようになります。これが「青クマ」と呼ばれる所以です。このように、目のクマは体の何らかの異常によって引き起こされることがあります。クマが出来たとき「十分に睡眠を取れば大丈夫」と楽観視せず、まず病院に受診に行きましょう。

目のクマは、鉄欠乏性貧血やバセドウ病などに関連していることもあります。例えば鉄欠乏性貧血の場合、鉄分不足が大いに関係しています。赤血球の中にある成分であるヘモグロビンの量が減ると、貧血を起こしてしまいます。この状態を「鉄欠乏性貧血」と言います。鉄欠乏性貧血にかかると、還元ヘモグロビンが停滞し、最終的に目のクマとなって現れるようになるのです。この鉄欠乏性貧血以外にも、目のクマは前述したバセドウ病や肝臓疾患、うつ病などの病気の目印となって現れます。これをマイナスに捉えるのではなく、「病気を知らせてくれる1つのサイン」と捉えましょう。もしクマが現れたら、すぐに専門の病院に行きましょう。何らかの病気にかかっているかどうか、そして病気にかかっていた場合どのような治療を行なえばよいか説明してくれます。